スタッフのリフォーム日記

過去記事

解体時がチャンス!

2012年11月20日

工務室の川島です。
本日は、床・壁・天井・設備などの内部解体後、造作工事へ入る前の補強と下地工事の紹介をさせて頂きます。

内部解体後、建物補強の為筋交い(斜めに入っている材木です)を入れます。柱、梁に金物で緊結し、補強強度を高めます。
耐震補強工事を行うなら、建物の状況が一番良くわかる解体時がチャンスです!



そして、壁下地と床下地に防腐防蟻薬剤の散布を行います。

防腐防蟻薬剤の乾燥後、外壁に面する内壁面に断熱材(グラスウール)を入れていきます。

造作工事が入るまでの隠れてしまう部分です。今しか出来ない工事です。
そのため、リフォームをするタイミングが家の状態を確認し、適切な補強と下地工事を施せる最大のチャンスなのです。

地震がきても我が家は大丈夫なのだろうか・・・
不安に思われている方、耐震診断も行っています!様々な角度から事前調査を行い、補強方法を検討いたします。
詳しくは、お問い合わせください。

 

工務室 川島 三貴男

pagetop