Franc設計室の日々

圧巻のダイニングテーブル

2019年03月28日

こんにちは。

設計室 神野です。

 

この度Y様邸の改修工事においてダイニングテーブルをダイナミックに造らせて頂きました。

いつもながら試行錯誤の設計を終え、そしてまた仕上がりをみるまでドキドキなのですが・・・

 

この度、無事に据付られました!

CIMG5924

家具職人さんが丁寧な仕事をしてくれています。

 

CIMG5935

そしてそして、アイランドキッチンがぴったりと寄り添いますよ。

動かせない柱も、テーブルと同じ無垢材でお化粧しようと思っています。

 

仕上がりまでもうひとがんばり!

皆さんよろしくお願いいたします。

 

楽しみで仕方がないです^-^

pagetop

TDYコンテスト受賞N様邸「受け継ぐ家、家族の想い」

2019年01月17日

今回34回目をむかえたTDYリモデルスマイル作品コンテスト。
弊社では応募はじめてから21年、賞を頂戴しております。

2018年度は4部門にて受賞させていただきました。
そのうちの「快適な暮らし実現のためのリモデル」部門にて
審査員奨励賞をいただきましたN様邸。
根上邸_2017_12_05_3841_2

3部屋をつなげて、見通しのよい空間に。根上邸_2017_12_05_3828_3 2018_12_14_根上邸_0584
裏の物干用デッキを新設し、出入り口がなかったので、
掃き出し窓も設置しました。

洗面脱衣室も可動棚で収納たっぷりに。509_根上邸_2017_12_05_3859_2
508_根上邸_2017_12_05_3862_2

トイレも広々になりました。
根上邸_2017_12_05_3864_3

カーテンは、プレーンシェードで南側の夏の陽射しや
お向かいからの視線を調整し、手前にレースを配して
優しい表情やレースの柄を楽しむタイプに。2018_12_14_根上邸_0583

今年も素敵なリフォームのお手伝いを頑張ってまいります。
よろしくお願い致します。

pagetop

心が弾むタイル教室

2019年01月15日

こんにちは

設計室 神野です。

 

本日は昨年末に完成したH様邸2階改修工事をご紹介したいと思います。

 

こちらは改修前のH様邸2階の画像です。↓↓

CIMG4900

廊下があり、右手と奥に個室があります。

今回は、今まで1階でなされていたタイル教室を2階で出来るようにしたいというご要望があり、

廊下を取り込み、右の個室をオープンスペースにする工事をさせて頂きました。

 

間仕切り壁を取り去ったり、造作棚を造ったり、

そして、以前廊下であった一角には(黒い椅子が置かれている所)タイルで仕上たキッチンカウンターを造作しました。

こちらで生徒さん達が釉薬を洗い流したり、また、レッスン後のお茶を入れたりされるのです。

IMG_5434

オーダーで設えた、プレーンシェードも雰囲気にしっかりはまりましたね。

 

IMG_5431

階段をあがるとすぐ視界に入ってくるトイレのドアとニッチには、タイルの作品が並びます。

季節等により取り替えられるよう、着脱可能です。

今日はどんなタイルが飾られているのか、生徒さん達が楽しみに教室へとを上がられる事を想像すると・・・

 

ニタニタ*^^*

 

ドアの塗装にもこだわりました。明るく、深い、なんとも言えない素敵なcolorです。

H様もすごく気に入ってくださり、うれしい限りです。

 

追ってギャラリーでもご紹介していきますので、今後をお楽しみに!

pagetop

TDYリモデルスマイル作品コンテスト2018

2019年01月10日

皆様開けましておめでとうございます。

昨年末「TDYリモデルスマイルコンテスト2018」の受賞のお知らせをいただきました。施主様の想いをのせたリフォームが、全国の賞を頂けたことは、私たちスタッフも感無量、感動です。まずは施主様との出会いに感謝!、工事を任せていただいたことに感謝いたします。ありがとうございました。事例報告は順次掲載させていただきます。

・TDY総合リモデル賞「藤原京をのぞむ家」

・優秀賞「会話がはずむ朝時間」

・審査員奨励賞「ママは家族の司令塔!」

・審査員奨励賞「受け継ぐ家、家族の想い」

今年も又励みにお客様に寄り添い、私たちが想う「感動の空間」を提案し続けてまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

503_北口邸_2018_06_18_0248_2

IMG_1901a

上位入賞いただきました「藤原京をのぞむ家」の完成一部です。

pagetop

受け継いで更に素敵に

2018年12月21日

先代の建てた立派な日本家屋も経年による劣化が目立ちはじめ、
現在はお仏壇のお世話が中心になっておられる建屋。
雨漏りをきっかけに、玄関や応接間まわりなどを改装されることになりました。

玄関の素敵な天井や建具は一部そのまま利用させていただき、玄関の床板なども磨いて、ご家族の思い出の雰囲気を壊さず残すことにさせていただきました。

2018_12_18_木村邸_0252  2018_12_18_木村邸_0257
いくつもあった玄関収納はつき板を使った大きな収納に。
玄関の木製引き戸を新しくサッシにし、照明は壁に新しく設置しました。
床は墨色のタイルを。
少し段差があるので、アイアンの手摺もつけました。
お勝手へのドアは檜に和紙調のアクリルとアイアンの取っ手で新しく。
ご主人が「応接間からこのドアを通してもれる光とかがいい」と気に入って
くださった応接間へのドアなどもデザインをあわせて製作しました。

2018_12_18_木村邸_0241
応接間は窓を断熱窓に取替、痛んでいた床壁天井の内装仕上げを変えました。
元々ある応接セットも張替され、その雰囲気にあわせて床板・じゅうたんや
カーテン・クロスに照明など奥様とコーディネートしていきました。
「なんか落ち着いてのんびりする場所になりました」とおっしゃっていただいて、
ほっと一安心です。

 2018_12_18_木村邸_0279 
夕方もれる光が暖かく、お家が生き返った様でした。

pagetop