スタッフのリフォーム日記

franc店長 吉田忠史の日記一覧

解体工事が完了しました

2018年05月23日

いよいよ解体が始まりました。

今回は、スケルトン工事(床 壁 天井をすべて解体します)です。

この時が一番緊張します。腐食や蟻害がないか・・・? 予想外の事はないか・・・?

キッチンを解体し、天井を解体し、壁を解体し、床を解体します。

すべて撤去していきます。

1

2

すごく立派は材料を使ってあり、しっかりとした建て方をなさっています。

3

約1週間の解体が完了しました。

心配していた腐食や蟻害もなくホッとひと安心。

IMG_0833

浴室、洗面脱衣室、トイレ周りも全く問題なくきれいな状態でした。

IMG_0834

当社では、このタイミングで現場にてお施主様に立ち会いをいただいて、解体状況の報告をさせて頂いております。今回は、本当にきれいな状態であったのでその報告をさせて頂き、これからの工事の進め方等を再度 ご説明させていただいております。

お施主様もこの状況をご覧になり、安心されているご様子でした。私たちもホッと一息です。

 

さあ、これから本格的に木工事が始まり、水道工事が始まり、電気工事が始まり・・・現場管理の川島を中心に工事が進み、現場は、活気にあふれていきます。

工事が終わり、お施主様の笑顔をいただけるように、工事完成まで怪我の無いようにスタッフ全員で頑張ります。

 

創造工舎 吉田忠史

pagetop

工事中 少しでもご不自由が無いように・・・

2018年05月02日

現在工事を進めている現場です。

これは、仮設のキッチンスペースとその奥が、仮設の浴室です。

母屋の床の高さに合わせて、キッチンの床をできるだけ段差の無いように調整させて頂きました。合わせて、キッチンスペースと仮設浴室もできるだけ段差の無いように・・・。

IMG_0745

IMG_0746

これで、工事中のご不便が少しでも解消でき、普段の生活に近い生活ができるようにと思っております。

 

本格的には、ゴールデンウィークが明けてからの工事になります。

まず既設のキッチンを解体して、仮設スペースに設置。合わせて、ガスの配管も行いその日の夜から、仮設のキッチン 浴室とも使っていただけるようにします。

工事完成まで約3ヶ月 お施主様に喜んでいただける工事となりますよう スタッフ全員で精一杯がんばります。

 

 

創造工舎 吉田 忠史

pagetop

工事着工しました。

2018年04月20日

日に日に暖かく(私にとってはすでに暑いのですが・・)なってきました。

春本番といったところでしょうか。

本日、着工させて頂いた現場にきれいなタンポポが咲いていたので一枚。

1

今回の工事は、水廻りの改修のご依頼です。キッチン LDK 浴室 洗面脱衣室

トイレとすべての水廻りの改修工事です。

本格的には、5月の連休明けからの解体予定ですが、事前に仮設のキッチンスペース・浴室の設置からスタートです。

2

お住まいながらの工事で長期間の工事になりますので、お住まいの方の生活を考え、母屋の掃出し窓を利用して、できるだけ段差の無いようにし、室内からキッチン 浴室が使えるように仮設スペースを設置します。

35

先ずは、キッチンスペースをつくってその床の高さに合わせて浴室の基礎をつくり、浴室を組み立てます。

4

ワンちゃんもお手伝い?

普段と違って沢山の人が出入りするので落ち着かないのか、それとも遊んでほしいのか・・・。

6

仮設の浴室は、現場での組み立てになります。今日は、材料の搬入だけになりましたが、高さを調整してできるだけ段差の無いように設置したいと考えています。

 

今回のように長期間にわたる水廻りの改修は、住みながらとなるとかなり不自由になってしまいます。仮設のご相談、仮住まいのご相談もご遠慮なくお申し付けください。工事期間中少しでも安心して安全にお過ごしいただけるように考えさせていただきます。

 

今回の工事は、7月末頃の完成予定です。工事完成までよろしくお願いいたします。

 

 

創造工舎 吉田忠史

pagetop

うれしいお言葉・・・

2017年07月04日

先日、工事を完成させいていただいたお客様のお宅に写真撮影にお伺いさせていただきました。

そこでお客様より本当にうれしいお言葉を頂戴いたしました。

例によってカメラマンは、弊社社長です。一通り撮影が終わり、お茶をいただきながらの会話の中で・・・

「創造工舎は、いい仕事をするね・・・」「職人さんやスタッフの人柄もよく、今回も安心して工事をお願いできた・・・」「創造工舎って いい会社だね・・・」とのお言葉を頂戴いたしました。

そのお客様は、何度も弊社にご依頼をいただいているお客様ではあるのですが、

何度もご依頼をいただいている理由もお聞かせいただけました。

普段から、私たちがこだわり続けている部分に共感していただいてお伝えしたいことが伝わってるんだなぁ~と感じました。

 

これからも、一人でも多く 「創造工舎ファン」になっていただけるよう、スタッフ全員でがんばろう・・・と改めて感じました。

毎日、毎日、お客様よりパワーをもらっています。

 

フラン営業部

吉田 忠史

pagetop

写真撮影にお伺いしました

2017年05月11日

工事をさせていただきました デイサービス「ときの森」様の完成後の写真撮影にお伺いさせていただきました。

まず、こちらがお打ち合わせの時にご提出させていただいた3Dパースになります。

今回の設計担当は、神野 工務担当は、川島で工事させていただきました。

まず、ご要望をお聞きして、プランを作成します。

そのお打ち合わせの際に、ご提案のパースを見ていただき、すごく気に入っていただき、工事のご依頼いただくことに・・・。

01

そして、こちらが完成写真です。ご提案のパース通りに仕上がりました。

工事に際しては、デイサービスの施設ですのでご高齢の方がたくさんご利用を

されている中での工事でしたので、騒音や振動等に配慮しながらの工事となりました。

また、特に大きな音が発生する解体等は、日曜日にさせていただき工事を進めました。

これには、お休みの日に大きな音が出たにもかかわらず、ご近所様のご協力のおかげと感謝しております。

170324_ときの森_2017_03_20_0630

さて、写真撮影のほうですが、カメラマンは、弊社 社長です。

弊社では、工事完成の写真を撮影させていただく際には、社長がカメラを現場に行き 撮影させていただきます。

お客様の「生」のお声を聞かせていただける良い機会と考えて、そのようにさせていただいております。

CIMG0619

今回は、施設のご利用者様にもご協力いただいて 実際に料理をされているところを撮影させていただきました。

みなさん、楽しそうにお話をしながらご利用いただいている姿を見て、私どももほっこりした気持ちになしました。

CIMG0656

こちらのギャラリーコーナーで、利用者様の作品等を飾ってあります。

ご利用者様の憩いのスペースになればいいですね。

CIMG0659

最後の写真は、今回のキッチンスペースのレリーフです。

「もりのキッチン」と一枚板に掘ってもらって作成しました。

CIMG0662

こちらでは、このスペースを「キッチンリハ」として、使用され、ご利用者の方々の

自立生活支援に貢献されています。

今回は、このような社会貢献の一端にご協力できたことは、大変うれしく思っております。

これからも、仕事を通して地域密着 社会貢献に努めていきたいと思います。

 

フラン営業部 吉田忠史

pagetop