スタッフのリフォーム日記

重要伝統的建造物 今井町の町家改修

2016年02月08日

工務の勝本です

 

2015年10月13日に本ブログに工事の途中を掲載いたしました

2016年1月20日に完了しましたのでその一部を紹介します。

弊社の本社は、「重要伝統的建造物群保存地区」の橿原市今井町の寺内にあります

今井町は1550年頃一向宗本願寺坊主の今井兵部郷豊寿によって、建設された。江戸時代には大いに栄え、堺と並び自治的特権が認められ、「年寄」がおかれて町政を担っていた。その「年寄」が住居していたと言われる伝統的建造物 平屋約120㎡ 築約300年の建物を改修いたしました。

改修には、橿原市と伝統的建造物群保存地区条例に基づき、瓦葺き屋根、外壁は現状景観を維持する 構造材(柱、梁、等)は補修して残す等現状の仕様をできるだけ残すよう指導をうけました。

取り替えての改修は簡単ですが、外景観や構造材を残しての改修は大変な手間と時間が掛かりましたが、伝統的和風の雰囲気を生かして、新しい設備、仕様と融合させ現代の生活をエンジョイできる建物に完成することができました。

clip_image002[6]    

玄関付近の外観は現状の雰囲気を継承している

clip_image002

玄関すぐは店舗様式に改装

clip_image002[10]

clip_image002[8]

和室は現状の雰囲気を残して改装

pagetop