ログイン
  • ホーム
  • 私たちが大切にしたいこと
  • リフォームメニュー
    • Francリフォーム
    • Re:ma
    • co.co\kabe
    • Franc System
    • Universal
    • Exterior
    • Franc design
  • ギャラリー
  • エクステリアギャラリー
  • リフォームコース
  • メディア・受賞
  • お客様の声
  • 会社所在地
  • 代表者の声
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ

夢の住まいを実現するための工夫点

メインは大きな窓の採用、家の中に景色を取り込むピクチャーウィンドウと風と取り込むたてすべり出し窓。キッチンは奥様がお母様の行動を見守り、声をかけることが出来る配置に。リビングに設置した小上がりの畳の間は、ご両親の腰掛の高さに設置し、建具を閉じるとお昼寝スペースに。そして天窓を採用し明るい日差しをとりこみました。洗面はイスにすわって作業ができるようご両親の寝室に隣接させて新設した。ご両親が使用される空間のすべては段差を解消しました。

before
before
after
after

設計者の想い

藤原京は、奈良の畝傍、耳成、香具山の大和三山にに囲まれた地に、持統天皇の694年に造営された歴史ある都市でした。K様邸はその藤原旧跡の歴史的保存地区内にあり、藤原京の後背にあたる耳成山まで一望できる立地がとても印象的で、古い都の景色をリモデルに取り込みたいと思いました。築70年の民家に3世代が暮らすK様邸。長い歴史の中で増改築を繰り返しており、設備の老朽化、段差の多さ、導線の複雑さ、昼でも暗いなどの悩みがたくさんありました。ご高齢のご両親をはじめ三世代がストレスなく快適に暮らせる様に考慮しました。三世代の在り方を大事にし、ほどよい距離感で互いの気配も感じられる空間を提案しました。