スタッフのリフォーム日記

過去記事

Y様邸 2世帯リフォーム工事⑤

2019年02月28日

こんにちは。工務室の山浦です。
Y様邸の2世帯リフォーム工事の様子をご紹介します。

CIMG5752
2月中旬には、TOTOの1坪サイズのシステムバスが搬入・設置されました。
システムバスの組み立ては、専門のライセンスを持った人間が行ないます。

CIMG5754

CIMG5753
周りはまだ工事真っ只中ですので、この空間をご覧になると、お施主様にも完成イメージがわいてこられると思います。
まだまだ工事は続きますので、傷が付いたり汚れたりしないようにきっちり養生しています。

 

奈良でリフォームするなら“創造工舎”まで!
毎週土曜日相談会開催 ◆限定3組様・無料・予約制

工務室 山浦 昇一

pagetop

3/9(土) 暮らしのデザイン研究室 省エネ/断熱セミナー開催

2019年02月23日

地域の皆さまに、リフォームに関する知識をお伝えする『暮らしのデザイン研究室』主催のセミナーをご案内いたします!

第2回目は『省エネ/断熱セミナー』です。
多くの時間を過ごす家の中で、暑さや寒さを我慢することはもう辞めましょう!
「快適」「光熱費」もお得になり「快適」な家にするポイントを、分かりやすくご紹介します!

190221_暮らしのデザインセミナー省エネa

【 開催日時 】 3/9(土) 10:00~11:30

【 参加費用 】 2,000円

【 開催場所 】 フラン真美ヶ丘

お申し込みはこちらから!

 

『暮らしのデザイン研究室』 とは?

地元奈良で500件以上の実績と経験を持つ、創造工舎に在籍する女性インテリアコーディネーターで運営しています。
これまでに数々のリフォームを手がけてきている私たちには、ずっと持ち続けている想いがあります。
ほとんどのお家がたくさんの悩みを持っています。もちろんリフォームで快適な暮らしを継続されているお家もある反面、残念ながら家族構成やライフスタイルの変化に対応できず、上手く使いこなせていないお家もあります。

いつかリフォームするときに後者になってほしくない。そのために役立つ基礎知識を備えておいていただきたい。
こういった想いが結集し、暮らしのデザイン研究室がつくられました。

近年では、住まいと健康が密接に関係していることについてもたくさんのデータが集まってきています。
そのような暮らしに関わる研究を経て、最新&最適な情報を地域の皆さまにお届けする有料のセミナーを開いております。
インテリアコーディネーターの立場から、地元の皆様へ、これからの暮らしに役立つ知識を伝えていけたらと思っています。

講座は、収納・省エネ・耐震・デザインの4種類ございます。

スライド1
◇ 開催日時 毎月1回 (※1回のみの参加も可能)
◇ 参加費用 2,000円/回 (※全シリーズ1回~4回 まとめてなら5,000円)
◇ 開催場所 フラン真美ヶ丘

※日時や講師は変更になる場合がございます。

pagetop

N様邸 リフォーム工事③

2019年02月21日

こんにちは。工務室の川島です。
N様邸のリフォーム工事の様子をご紹介します。

SANY0281
2週間ほど前の写真ですが、増築の様子を紹介していたので気になる方も多いと思い、ご紹介させていただきます。
もともとバルコニーだった場所を、収納用の一部屋として使えるようにリフォームしていました。
リフォーム後の写真だけ見ると、ここが元々バルコニーだったとは分からないかもしれません。

SANY0279
既設の屋根の下にもぐり込ませて、新たな屋根を作りました。
断熱・気密もしっかりと行い、使える部屋として生まれ変わりました。

奈良でリフォームするなら“創造工舎”まで!
毎週土曜日相談会開催 ◆限定3組様・無料・予約制

工務室 川島  三貴男

pagetop

Y様邸 2世帯リフォーム工事④

2019年02月18日

こんにちは。工務室の山浦です。
Y様邸の2世帯リフォーム工事の様子をご紹介します。

CIMG5702
床組みの様子をご紹介します。
束石の上に鋼製束を建てて、その上に大引きを組みます。
その大引きと直行する形で45mm×45mmの根太を載せます。

CIMG5708
根太の間には、断熱性能の高いネオマジュピーという断熱材(厚み45mm)を充填します。
細かい部分などは現場でサイズを合わせてカットして使います。

CIMG5775
天井組みの上には、155mmの厚みの断熱材を充填します。
 

奈良でリフォームするなら“創造工舎”まで!
毎週土曜日相談会開催 ◆限定3組様・無料・予約制

工務室 山浦 昇一

pagetop

O様邸 新築工事②ー屋根断熱ー

2019年02月16日

こんにちは。工務室の川島です。
O様邸の新築工事の屋根断熱の様子をご紹介します。

SANY0268
垂木の間に、断熱材を入れています。
屋根の断熱は、夏場の太陽の熱をしっかりと遮断し、冬は暖めた空気を逃がさないためにとても重要です。

SANY0261
断熱材を入れた上から構造用合板をはっていきます。
このとき、断熱材と合板の間に通気経路をきちんと確保されていることを確認します。

SANY0303
構造用合板の上に、防水のためのアスファルトルーフィングを敷いていきます。

奈良でリフォームするなら“創造工舎”まで!
毎週土曜日相談会開催 ◆限定3組様・無料・予約制

工務室 川島  三貴男

pagetop