Franc設計室の日々

阪神淡路大震災から18年

2013年01月17日

18年前の今日、平成7年1月17日の朝午前5時46分。

兵庫県を中心に新潟から鹿児島まで震度1以上となる大地震が起こりました。

地震の規模は震度7(M7.3)。6000人を超える死者がでました。

建物の被害も多く、全壊104,906棟、半壊144,274棟、全半壊合計249,180棟(約46万世帯)、一部損壊390,506棟と報告されています。

 

この震災で大きな被害を受けた木造住宅の多くは

   ・ 古い建物

   ・ 耐力壁など耐力が少ない建物

   ・ 店舗や車庫など壁のほとんどない面がある建物

   ・ 柱や土台などをつなぐ金物がたらない建物

   ・ しろありの被害や腐りなどで耐力が欠損した建物

   ・ 基礎が小さかったり、無筋などで耐力が足らなかった建物

   ・ 埋立地などで地盤の液状化の被害をうけた建物

などでした。

これを受けて、現在の耐震基準となる建築基準法の改正が平成12年行われました。

現在耐震診断(一般診断)にて出される評点は

   0.7未満       :倒壊する可能性が高い

   0.7以上~1.0未満:倒壊する可能性がある

   1.0以上~1.5未満:一応倒壊しない

   1.5以上       :倒壊しない

となっています。

これは、建物がたっている期間に数回遭遇するであろう中規模(震度5程度)の地震ではほとんど損傷せず、建物が立っている間に1度遭遇するかもしれない阪神淡路大震災のような大規模(震度6強~7)地震では、損傷しても中にいる人が逃げ出せる様に、いきなり倒壊しないというのが元になっています。

 

まだまだ奈良も東南海地震などの恐れがあると言われています。

いざという時にあわてない様、家族の連絡先や集合場所を決めておいたり、家具を固定したり、防災グッズをそろえたり..私もできることはしておこうと思って、毎年この日のニュースを見るたびに、少しですが思いつくことをしています。

今年は子供達の通学かばんにつけたお守りに緊急連絡先を書いた紙と緊急用にと1000円を入れました。

電車通学なので、電車が止まったり、携帯電話が通じなかったりした時にと思ってのことですが、当の本人達は定期忘れたとき用と思っているようです。(笑)

 

ご自宅について気になられる方は、国土交通省住宅局監修の「誰でもできるわが家の耐震診断」というものもございます。

ネット上で10の設問に答えるだけの簡単なものですので、一度お試しください。

さらに詳しい診断をという場合は当社でも、調査・診断させていただけます。

また、春になりましたら、各市町村などでも補助の募集がでたりいたしますので、ご活用ください。

 

耐震についてもっと勉強されたい方には当社「ハッピーリフォーム研究会」の耐震講習などにご参加くださいませ。

また、具体的にご自宅についてのご相談でしたら、当社「暮らしの相談会」などで承っております。

お気軽にご参加くださいませ。

 

ちょうど先週末「暮らし相談会」をフランにて開催いたしました。



フランでは耐震やミドル世代からのリフォームや省エネなどテーマを決めて相談会を催しております。

今回はその中でも耐震をテーマにしておりましたので、

お客様にご覧いただけるよう、耐震を重視した展示コーナーも設けさせていただきました。



しばらく展示させていただきますので、ご興味がございましたら、お気軽にご来店くださいませ。

 

多くの方にご参加いただけるようにと、スタッフ一同どきどきしながら準備を重ねてまいりましたが、

おかげさまで当日は満席になる盛況さで、日が暮れるころまでご相談が続きました。



 

これからもこういった「暮らしの相談会」や「ハッピーリフォーム研究会」の講習など開催させていただく予定です。

ぜひご参加くださいませ。

スタッフ一同お待ちしております。

 

設計部 南

pagetop

「リフォーム冥利につきる日」

2013年01月13日

昨日、古民家の改修をさせていただいたN様ご家族とお会いする機会がありました。



世代交代に伴って、劣化がすすんでいた建物の改善や、水廻りのやり替え、
間取りの変更など、建物全体に一人暮らしであった親世帯から
子世帯の4人家族が暮らしやすいへの改修という内容でした。
中でも、2人の小、中のお子さんに2階の部屋をとご希望でした。
あまり使われていない階段を安全な階段へとやり替えなければなりません。



高さや構造、採光、威圧感の解消など試行錯誤、模型を作ったり、N様とも何度も
話し合いやっと出来上がったのですが・・・・。



大きな丸窓はお客様には創造を超えていたようで、子供たちがあやまって
落ちやしないかととても心配になられました。
デザインが派手なのか・・・・



大きな丸窓の設計意図には
日常的につかうので大きなあかりがほしかったことと、少しの遊び心と、
ダイニングとの一体感や会話がほしいこと、家の中に緊張感があってもいいのでは
などお話し半信半疑のご様子でした。



ちょうど半年後になるのですが、とても喜んで使ってくださっているご様子、
お友達などは、「カフェみたいで素敵!」ってほめてくださったり、
大きな丸窓から明かりが漏れて階段の照明はいらないくらい・・だとか。
楽しそうにお話していただけました。



リフォームはどれだけ事前に提案に工夫しても、実物ができるまで実感できない不安があります。
最後には、私たちを信じていただいくことなのでしょうか。


1年後、5年後、10年後・・・信じてよかったって感じていただけたら最高!!です。
皆さんのお声は、私たちにとって何よりのご褒美です。N様、ご家族の笑顔をありがとうございました。

篠田 三起子

pagetop

T様邸耐震補強工事 ①着工前

2013年01月13日

T様邸の耐震補強工事がまもなく始まります。
そこで今回は、着工までの流れをご紹介します。

まずは耐震診断をするための現場調査からです。
外壁・基礎の状態確認、内部の仕様確認(どのような材料が使用されているか)、
基礎強度、床下・小屋裏の確認などを行います。



【基礎に鉄筋が入っているか見ています】

 



【基礎コンクリートの強度を測定】

 

後日耐震診断結果をご説明し、どのように耐震補強するかのお打合せをします。

耐震補強は床・壁・天井をめくって補強をすることが多いので
お家全体をさわるような大規模改修工事の際は耐震補強がしやすいのですが、
今回は耐震補強をメインとする工事です。
リビングや和室などはそのまま残しておくので、
基本的に押入や収納の内部の床・壁・天井をめくって補強をすることにしました。

耐震補強をする壁の下には基礎がないといけないので、
押入の床を一部開けて詳細調査をしました。



 

工事の様子はまた次回に。。。

設計部  三ツ谷

pagetop
BLOG TOP