スタッフのリフォーム日記

過去記事

スケルトンリフォーム① 解体工事が完了!

2018年05月23日

いよいよ解体が始まりました。

今回は、N様邸にて※スケルトン工事です。

※スケルトンとは・・・
骨組のことです。設備の入れ替えや部分的なリフォームではなく、住まいを一旦、スケルトン(骨組)のみ残して、内装や設備をまるごとフルリフォームする方法です。マンションの場合、通常のリフォームでは配管の位置が変えられないなど構造上の成約があり、大きく間取りを変更できませんが、スケルトンリフォームなら既存の間取りにとらわれず、フルリフォームが可能です(ただし、窓のサッシや玄関のドアなど、共有部分とみなされる箇所は自由にリフォームできません)。スケルトンリフォームには、「今の住まいをリフォームする場合」と、「中古マンションを購入してリフォームする場合」があります。「今の住まいをリフォームする場合」は、家族構成やライフスタイルの変化、住まいの老朽化などが動機になる場合が多いようです。一方、「中古マンションを購入してリフォームする場合」では、リフォーム前提で購入される方が多いようです。最近は、マンションの買い替え需要が高まり、良質な物件が数多く流通しています。こうしたことから、中古マンションを購入してリフォームする方はますます増えていくものと予測されています。

 

スケルトン工事のはじめの工程として、床 壁 天井をすべて解体します。この時が一番緊張します。腐食や蟻害がないか・・・? 予想外の事はないか・・・?

キッチンを解体し、天井を解体し、壁を解体し、床を解体します。

スケルトン工事解体直前の様子

こちらが解体直前のお家の様子です。これからすべて撤去していきます。

スケルトン工事解体開始

こちらの木造のお家はもともとすごく立派は材料を使ってあり、しっかりとした建て方をなさっています。

スケルトン工事の解体が進んでいきます

約1週間の解体が完了しました。

心配していた腐食や蟻害もなくホッとひと安心。

解体後の様子

浴室、洗面脱衣室、トイレ周りも全く問題なくきれいな状態でした。

浴室、洗面室の解体後の様子

当社では、このタイミングで現場にてお施主様に立ち会いをいただいて、解体状況の報告をさせて頂いております。今回は、本当にきれいな状態であったのでその報告をさせて頂き、これからの工事の進め方等を再度 ご説明させていただいております。

お施主様もこの状況をご覧になり、安心されているご様子でした。私たちもホッと一息です。

 もしこの時点で腐食や、蟻害があった場合、その部分の補修や補強の工程が入り、日数も費用もかかります。なので、スケジュールどおりに進むことができることに感謝です。

さあ、これから本格的に木工事が始まり、水道工事が始まり、電気工事が始まり・・・現場管理の川島を中心に工事が進み、現場は、活気にあふれていきます。

工事が終わり、お施主様の笑顔をいただけるように、工事完成まで怪我の無いようにスタッフ全員で頑張ります。

 

奈良県中和地域でリフォームをお考えの方はお気軽にご相談ください。

創造工舎フラン 吉田忠史

pagetop