スタッフのリフォーム日記

M様邸 改修工事⑤

2016年02月27日

お待たせしました。M様邸の改修工事もいよいよ完成です。

トイレは、新しく新設しました。もともとは、脱衣室が、4.5畳ほどありそのスペースを一部、トイレのスペースとしました。

両サイドに手摺を取付けて、ご高齢のご両親様も安心してトイレを使用していただけます。さらに壁面に収納を設けて、トイレットペーパーの予備を収納できます。

CIMG6029CIMG6030

トイレを使用した後、手を洗ったり、便器を洗浄する時に、後ろを振り向く動作をしなくてもできるように、自動洗浄便座を使用し、便器の正面に手洗い器も別に設けてあります。

CIMG0454

手摺も浴室内部や、洗面脱衣室の必要な場所に設置し、これで安全に移動できます。

CIMG0457CIMG6034CIMG6037CIMG6039

今回の工事では、橿原市からの介護保険での住宅改修の補助金を利用して施工しました。当社では、主に介護用品のレンタル・販売・住宅改修といった介護保険に係わる仕事を受け持つ「けあねん」という事業部があります。ご相談等ございましたら、「けあねん」担当の山崎まで連絡をお願いいたします。

これで、浴室廻りの工事が完了となります。

M様 この度は、当社をご利用いただきまして、ありがとうございました。

 

営業部 吉田 忠史

pagetop

M様邸 改修工事④

2016年02月22日

M様邸 改修工事の進捗状況です

システムバスは、一足先に完し仮のお引渡しをして使用していただいております

脱衣室の内装工事を進めています

CIMG0309

床下に断熱材を隙間なく敷き詰めていき、針葉樹合板を下貼りしていきます

この上に、クッションフロア下地の合板を施工します

CIMG0308CIMG0310CIMG0312

もともとあった場所を移動して、筋違を入れて、金物で補強しています

CIMG0355

新しく壁を開口して、もう一ヶ所の出入り口を設置

これで、2か所からの出入りが可能しなり、お住まいの方の動線が楽になります

CIMG0361CIMG5722CIMG5721

プラスターボードを貼って、クロスの下地の完成です

よく見ないとわかりませんが・・・ビスのピッチを見てください

均等に既定のビスのピッチを守って正確に止めています

仕上がってしまえば見えないところですが、「こういうところこそ、きちっとした施工を・・・」が当社の自慢の施工です

もう一息です

 

 

営業部 吉田 忠史

pagetop

N様邸 改修工事③

2016年02月21日

N様邸の改修工事も順調に進み、今では、床の下地も終わり、天井・壁の下地に入ってきています。

その前段階での、柱の入替え・梁の補強の状況です。出来るだけスペースを広げたいので、柱を移動させて・・・また、柱を抜いた部分に関しては、梁の補強をほどこして・・・リフォームならではのノウハウを見ていただけます。CIMG5856CIMG5859

解体の状況からみると、梁の補強をしたことで、安心感がありますね。

この梁は、天井より見えてきます。意匠的に見せる梁となるように設計されています。

CIMG5860CIMG5864CIMG5866

床下地もご覧のとおり。大引きの下に、鋼製束を入れて、さらにその下には、ポリエチレンシートを敷き、厚さ約10㎝くらいのコンクリートを打設し、防湿および束石の代わり(兼用)となるようにしてあります。CIMG5865

柱の足元も、写真のようになりました。

CIMG5858

こちらは、屋根の下地をやり替えて、垂木も取り替えをしています。

CIMG5974

外壁の下地まで完成。さて、どんな仕上がりになるのかなぁ~

CIMG5977

工事の無い日は、ご覧のとおりきれいに片づけをしています。

CIMG5980CIMG5985

合せて、天井下地も施工していきます。

CIMG5987CIMG5989

こちらは、屋根の下地をやり替えて、垂木も取り替えをしています

工事前の状況から考えると、見違えるようになってきました

 

N様 工事完成まで、まだまだかかりますが、仕上りを楽しみにしていてください。

 

営業部 吉田 忠史

pagetop

フランな日々 ~新社会人にエールを~

2016年02月21日

こんにちは。フラン受付の吉岡です。

今年は激動の気候で体調を崩された方も多いのではないでしょうか?

創造工舎では今、ホームページの採用ページを新しくするため、会社全体で取り組んでいます。

学生の皆さまに、そして地域の皆さまに、会社の魅力を知っていただきたい・・・
社長をはじめ、スタッフの熱い想いを伝えたい・・・

何かを伝えるというのは、意外と難しいものですね。

先日、フランでインタビューを兼ねて写真撮影が行われました。
明るいライターさんの誘導と、スタッフの気さくさもあり、真剣ではありながらも楽しい対談になりました。

トップバッターの社長、会社への想いや信念、そして新しい風へ期待などを真剣に語りました。
ところどころ少し緊張しているような様子も見受けられ・・・ました。

↓↓↓↓↓ 社長です♪ ↓↓↓↓↓
社長

設計、営業、そして若手スタッフと続き、長い一日が終わりました。 

芋生さん採用
↑↑↑↑↑↑ リプラ店長の芋生です。写真をチェック♪ ↑↑↑↑↑↑

三ツ谷さん
↑↑↑↑↑↑ 設計の三ツ谷です。プレゼンがとても上手なんです♪ ↑↑↑↑↑↑

終了後、ライターさんが、会社の魅力を感じることが出来た、とお話くださいました。
明るいスタッフ、会社への想い、そして何よりお客様への想いと感謝の気持ちを強く感じてくださったようです。

実は、受付スタッフという立場の私も、同じことを感じていたため、外部の方からのお話はとても嬉しいものでした。

ライターさん、ご自身は出産のあと、まだお子様が小さいときに未経験のライターに転身されたとのこと。
同じ母親とは思えないパワーを直に感じ、また新しい出会いで刺激を受けた吉岡でした。

これから新社会人になる方々には、良い会社で、多くの人と出会い、そして学び、素敵な経験を積んでいっていただきたいです。
いろいろと困難もありますが、それも素敵な経験のひとつになる日が必ずやってくるので・・・

まぁまぁ人生経験を積んだと思われる私は、そんなことを思いながら、日々フランで過ごしています。

新しい出会い、楽しみです♪

pagetop

来年度はぜひ・・・

2016年02月21日

皆様こんにちは、フランの藤村です。

先日(2/14)、予定通りに「暮らしから始める 健康セミナー」が開催されました。

 

「関西学研都市協議会」として合計3回行われたこの冬の合同セミナーでしたが、個人的な感想としては「もっと知り合いの方をご案内したかった」ということに尽きます。

 

160125

詳しくはコチラをご覧下さい。

 

建築・医学の先生方のお話はわかりやすく、ときには面白く冗談なども交えながら解説して下さいますので、冊子などの情報よりもずっと心に響いてきます。

その中でも特に気に入っているのが、「安心のための健康」であることはもちろん、「楽しみのための健康」づくりをしましょうというメッセージです。

 

最近、担当させていただくお客様と「健康」をテーマとしたお話が増えてきたのですが、本当にたくさんの方が、ご自身そして家族の皆様の健康を案じておられるのがよく伝わってきます。

またそういった機会を通じて、「いかに充実した人生を過ごすか」が「健康」であることの大きな目的であることのように思えてきました。

 

私は医学の専門家ではないので、医療の面から専門的なアドバイスをさせていただくことはできませんが、楽しみながら一緒に健康づくりについて考えてゆくことは可能だと思っています。

そうしたことの一助になるのなら、これからもこうした健康セミナー等を積極的にご案内してゆきたいと思います。

 

 

今年度最後の「暮らしから始める 健康セミナー」は春一番が吹き荒れるなかでの開催となりました。

木枯らしが吹く頃には平成28年度の「健康調査」もスタートすると思われます。

それまでには次の健康セミナー等も開催されるでしょう。

次のシンポジウムやセミナーの機会にはぜひ皆様にご参加いただきたいと思います。

 

 

最後になりましたが、今年度(平成27年度)の活動にご賛同、ご協力下さいました皆様、まことにありがとうございました。

pagetop