スタッフのリフォーム日記

過去記事

T様邸改修工事④

2014年08月31日

工務室の川島です。
T様邸改修工事についてご紹介します。 

SANY0807   
解体時にすべての床組を解体・撤去を行い(土台はそのまま)
大引90×90(桧材)を910mm間隔で配置し、鋼製束で大引を支えます。

SANY0820
大引に直交するよう、根太を303mm間隔で配置します。
ここでいう寸法は内寸ではなく、部材の中心から中心までの長さで
芯芯寸法での意味合いになります。

SANY0832
根太の間に、高性能の断熱材フェノバボードを施工します。
断熱材には様々な種類があり、それぞれ特徴がありますので
リフォームの際には、そのような部分にも注意してみてください。

 

奈良でリフォームするなら“創造工舎”にお任せ下さい!

9月10日(水)住宅耐震勉強会 開催
9月13日(土)屋根・外壁塗替え勉強会 開催

川島 三貴男

pagetop