スタッフのリフォーム日記

S様邸 改装工事④

2013年12月24日

 

S様邸の改装工事の進捗状況です。

本日、工務部の勝本による解体後検査がありました。現場管理担当の川島立会いで

解体後、あらわになった柱や梁の状況や、劣化度合い等を確認し、

図面と照らし合わせながら、状況の確認をしています。

CIMG8148

CIMG8152

こうして、工程の節目で検査を行い、お客様に安心して、喜んでいただけるように

スタッフ全員で取り組んでいます。

 

また、今回は、床下の湿気の対策として、ポリエチレンフィルムを敷き、防湿コンクリート工事も行います。

家の床下全面に施工します。こうする事で、地面からの湿気が上がってくるのを防ぎます。

CIMG8138

これで、下準備は、OK 次は、コンクリートを打設します。

厚みは、60mmを予定しています。

今回の工事の中でも、とても大切な工事です。

 

 

営業部 吉田 忠史

pagetop

S様邸全面改装工事③

2013年12月24日

工務室の川島です。
S様邸全面改装工事のご紹介をさせていただきます。

SANY0053
現在は基礎工事を行っております。
初めに基礎の一番下になるベースコンクリートを打設します。
ここが全荷重を地盤に伝える役割を果たします。

SANY0054
打設したコンクリートはバイブレーターで締め固めを行います。
これにより、コンクリートが隅々まで行き渡り、余計な空気や水分を出すこともできます。

SANY0057
コテを使って、打設したコンクリートの表面を均す作業を行います。

川島 三貴男

pagetop

T様邸耐震補強工事①

2013年12月22日

工務室の山浦です。
昨日、T様邸の耐震補強工事を着工いたしました。

まずは、木製雨戸のレール・戸車取替を行いました。
IMGP6766

少々話がズレますが、木製の雨戸をお使いの方で、重たくて動かすのに苦労されているご家庭はないでしょうか?

私がいまさら言わずともご承知でしょうが・・・雨戸は風雨を防ぐ他にも防犯や、冬場でしたら寒さ軽減の意味合いもあります。
レールや戸車を変えることで、驚くほど軽く動かせるようになる場合があります。

住宅は建てて終わりではありません。
定期的にメンテナンスしてあげることで、家としての寿命も延びます。
年末には大掃除だけでなく、家の調子も見てあげて欲しいと思います。

工務室 山浦 昇一

pagetop

Y様邸新築工事③

2013年12月20日

みなさまこんにちは。フランの藤村です。
Y様邸の新築工事についてご紹介したいと思います。

IMGP2838
先週、上棟式を行いました。
神社でいただいた棟札を、屋根裏に納めます。
家内安全、無災害を祈念するものです。

IMGP2768
朝は1階部分の柱が立っている状態でした。
見上げると首が痛くなるような、大きなクレーン車の登場です。

IMGP2831
夕方には棟木も無事上がりました。

現在は大工さんが中心となって、金物やサッシ等の取り付けを行っています。

上棟式は、いわばひとつの折り返し地点です。
これからもスタッフ一丸となって、Y様に感動を与えられるように頑張ります。

pagetop

M様邸全面改修工事⑥

2013年12月19日

工務室の川島です。
M様邸の全面改装工事の紹介をさせていただきます。

SANY0689こちらの和室は、当初リフォームの予定はありませんでした。
しかし、白蟻の被害が見つかったため、別途見積りを作成し、お客様に了承を得たうえで床を組みなおしました。

SANY0713
天井や壁の断熱材は、アクリアという旭ファイバーグラス株式会社の商品を使用しています。
今は壁下地の上にボードを貼っていく作業をしています。

工務室 川島 三貴男

pagetop