スタッフのリフォーム日記

過去記事

Y様邸内部完成・外部復旧工事

2013年04月19日


工務室の山浦です。 Y様邸の工事(既存建物解体後6畳増築し、浴室・洗面脱衣室・トイレを新設)の進行をお伝えします。今回は内部の仕上がりと、外部門家解体後の復旧工事の状況です。 内部は、浴室・洗面脱衣室・トイレが完成しました。
明るくすっきりシンプルな仕上がりになっています。
 
採光・通風のための窓をペアガラス(複層ガラス)にしたのと、断熱をしっかり入れているので暖かいと、お客様に喜んで頂けました。 毎日使う水廻りなので、快適に使っていただけることが一番です。


こちらは外部門家解体後の復旧工事の様子です。元々は既存建物とつながっていました。
屋根と軒先・軒天を造作しています。
壁部分は、下地の胴縁を横に打っていきます。
その上に、透湿・防水シートを貼りました。次に仕上げ材の焼杉を張るための胴縁を打ち、天然焼杉(15mm幅)を縦張りします。
この工法を「通気工法」と言って、透湿防水シートと外壁仕上げ材との間に胴縁などを用いて通気層を設けることで、室内で発生した水蒸気など湿気を含んだ空気が万一壁体内に入り込んでも、湿気は透湿性のある透湿防水シートから通気層を通じて屋外に排出され、結露の発生を防止します。 また、外壁仕上げ材の接合部等から浸入した雨水が壁体内に入り込むことを防ぎ、速やかに排出してくれます。
軒先・軒天はしっくいで塗装しました。
屋根も一部新しくし、外観も完成しました。既存の焼杉とうまく調和しています。

 

山浦 昇一

pagetop