スタッフのリフォーム日記

過去記事

耐震補強工事

2013年03月30日

お客様より、耐震補強工事のご依頼を頂きました。
まず、耐震診断をおこなって既存のお家の状況を調べます。
基礎の鉄筋の有無、基礎コンクリートの強度、壁の仕上げ、接合金物の有無劣化状況などなど・・・時間的に約2~3時間を要します。
調査内容を元に耐震診断結果報告書を作成します。結果については、上部構造評点が下記の数値で示されます。

1.5以上 ・・・・・倒壊しない
1.0~1.5未満・・・一応倒壊しない
0.7~1.0未満・・・倒壊する可能性がある

0.7未満 ・・・・・倒壊する可能性が高い
(弊社は、日本木造住宅耐震補強事業者共同組合に加盟し、その診断方法にて行います)
既存のお家の状況をふまえ、補強の方法・箇所のご提案をさせて頂きます。
今回は、「基礎の新設」、「コボット」という金物の取付け、「モイスかべつよし」という材料を使用しての補強提案とお家全体の壁の補強をさせていただきました。



無事工事が完了して、お客様よりとても嬉しいお言葉を頂きました。
「以前に比べて、車が通った時の振動、揺れが感じなくなった。これで安心して生活できます。」っと・・・。
耐震補強の工事は、目に見えない部分の工事で、工事した事がなかなかわかりづらいですよね。

でも、こうして工事前と後とでは違いを実感していただける事もあります。
みなさんもお家の耐震の事でお悩み・ご心配の事がありましたら何なりとご相談ください。

pagetop