スタッフのリフォーム日記

監理・検査 勝本博の日記一覧

耐震診断・耐震補強

2015年12月07日

阪神淡路大震災を機に耐震診断と補強を国を挙げて進められ、当社も近隣地域の「木造住宅の耐震診断と補強」の事業を展開してまいりました。

(財)日本建築防災協会の耐震補強は「極めて稀に発生(1回/100年)する大地震から尊い人命を守る「一応倒壊しない」を目標にしています。

弊社の耐震診断・耐震補強は「木造住宅の耐震診断と補強方法 (財)日本建築防災協会 国土交通省監修」に基づき実施しています。

改修リフォームにあたって、依頼主に耐震性を上げて改修をされるよう勧めて、補強設計をおこなっています。

 

耐震診断・耐震補強の「調査、診断、補強の流れ」の概要を説明させてもらいます

 

耐震補強は、先に現況建物の耐震診断調査を実施します

1 建物外周りの調査

地盤・地形・基礎形式・屋根材仕様・外壁等の現状と老朽度を調査します

SANY0178

 

 

 

 

 

 

 

建物基礎コンクリートの鉄筋有無調査

CIMG5972

2 建物内部の調査

内壁の仕様(コンセントカバー内の土壁・石膏ボード・合板等を調査)

             仕様内容から耐力壁の強度が分かる

CIMG5986

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     天井内の小屋裏 柱、梁の金物・筋交いの現状と老朽度調査

CIMG6013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SANY0164

 

 

 

 

 

 

 

 

3 床下

基礎コンクリートの強度・現状と老朽度の調査

 CIMG3972

 

  土台の含水率調査

CIMG3977

 

床下 温度・湿度調査

 CIMG3974

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調査に基づき耐震診断と補強案の例

1 耐震診断結果例

 CIMG1870

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         現況の総合評価     評点=保有体力/必要体力=0.23(倒壊する可能性大)

 CIMG1869

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         補強計画の 総合評価 例   評点=保有体力/必要体力= 1.0 (一応倒壊しない)

 CIMG1868

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      2    補強計画に基づいて    補強・補修例

外壁部に筋交い補強例

SANY0241

内壁部補強例

SANY0184 

基礎コンクリートクラックの補修例

SANY0069

pagetop

重要伝統的建造物 今井町の町家の改修

2015年10月13日

工務の勝本です

弊社の本社は、「重要伝統的建造物群保存地区」の橿原市今井町の寺内にあります

今井町は1550年頃一向宗本願寺坊主の今井兵部郷豊寿によって、建設された。江戸時代には大いに栄え、堺と並び自治的特権が認められ、「年寄」がおかれて町政を担いました。

その「年寄」が住居していたと言われる伝統的建造物 平屋約150㎡ 築約300年の建物をただ今改修させていただいてます。

改修には、橿原市と伝統的建造物群保存地区条例に基づき事前協議の許可を受けその指導の下で実施しております。

指導j内容は、瓦葺き屋根、外壁は現状景観を維持する 構造材(柱、梁、等)は補修して残す等現状の仕様をできるだけ残すように言われている。

取り替えての改修は簡単ですが、景観や構造材を残しての改修は大変な手間と時間が掛かります

工事の途中ですが改修の一部を紹介します

CIMG3115

工事着工前 外観 瓦屋根 壁漆喰塗り 腰壁杉板張り この景観を残した改修

IMGP1416

柱根元が腐朽

 CIMG1824

柱は取り替えないで腐朽箇所のみを補修

CIMG1828

見える丸太梁は取り替えないで露見して残す

CIMG1831

かもい、柱は露見して残す

pagetop

弊社のブロック塀の改装  シリーズー3

2015年08月21日

工務の勝本です

本社の正面玄関のブロック塀を改装と暴露テストを兼ねて6月から実施していますが、生憎の異常気象の大雨で中断の連続でしたが、やっと8月4日に完了

暴露テストは5種類の塗料です

A TOTOエクセラ光触媒ECO-HG

防汚 背電気がたまりにくいので汚れがつきにくい 光触媒の分解力で汚れを洗い流しキレイが続く

DSCN1535

 

 

 

 

 

 

 

 

下塗り1回、 中塗1回、上塗り2回 計4回塗

 

B 日本ペイントパーフェクトトップ

優れた耐候性 美しい艶 低汚染 防カビ 防結露

DSCN1536  

下塗り1回、 中塗1回、上塗り1回 計3回塗

 

C エスケー化研 セラミシリコン

超耐久性 耐汚染 防カビ

DSCN1537

下塗り1回、 中塗1回、上塗り1回 計3回塗

 

D エスケー化研 コンポウウレタン

優れた耐候性 耐水 耐アルカリ 低汚染 防カビ

DSCN1538

下塗り1回、 中塗1回、上塗り1回 計3回塗

 

E エスケー化研 プレミアムシリコン

優れた耐候性 低汚染

DSCN1539

下塗り1回、 中塗1回、上塗り1回 計3回塗

 

暴露テスト5種類の塗区分

DSCN1586

塗装左からA,B,C,D,Eの区分

 

暴露テストの表示板取り付け

CIMG1793 CIMG1794

 

塗装後はブロック塀上端に金属傘木を取り付け

DSCN1592

 

完了

着工前 完了後

DSCN1435 CIMG1791

 

塗装の暴露テストは、1~15年の経年劣化等を見て、今後の外壁塗装等の参考にしていきたい。

pagetop

弊社のブロック塀の改装  シリーズー2

2015年07月07日

工務の勝本です

本社の正面玄関のブロック塀が汚損してきたので6月から改装することになりました。

各社の高耐候性塗料を区分して、耐候性等の暴露テストも兼ねて、6月中頃から塗り始めました。

生憎の梅雨と仕事の間を見て、進むもですから、6月でやっとブロックの裏面が完了したところです。

施工工程を説明します

ブロックの裏面 塗装です この部分は表面の塗装に水が回らないように塗装をするものです

1下地の処理

①  裏面の不要な物を撤去します

DSCN1516

ブロックの裏壁面のごみや砂を高圧洗浄(カメラぶれで申し訳ありません)

DSCN1518

③ 鉄部の錆止め塗布をします

DSCN1508

穴やくぼみをシール(後で塗装をするので必ず変成シーリングを使用)をします

DSCN1526

2 塗装

① 下塗り 水性カチオンシーラー 材料

     DSCN1557

② 塗装用具 ローラーバケット・同内容器・同アミ・ローラー(中毛)・

ローラーハンドル・小筆・マスキングテープ24mm幅・アスカテープ

 DSCN1533

③ 下塗り 水性カチオンシーラー(透明) 塗装 1回塗をしますDSCN1542

④ 中塗 材料 日本ペイントのパーフェクトトップ 塗装 中塗

ブロックのくぼみが塗りにくかった

 

DSCN1555  DSCN1554

⑤ 上塗り 材料 日本ペイントのパーフェクトトップ 塗装 上塗り

これでブロック裏面は完了です 残りは?

塗装の留意点

① 用具の手入れ

塗装終了時に即洗う 筆は石鹸で根気良く洗う

DSCN1547 DSCN1549

 

DSCN1545

水性は水と石鹸で洗う。油性等はシンナーで先洗いして水と石鹸で洗う。

いずれも丁寧に根気良く洗うことです。そうすれば何年も使えます。

pagetop

弊社のブロック塀の改装  シリーズー1

2015年06月05日

工務の勝本です

本社のブロック塀が汚損してきたので改装することになりました

当初計画はモルタル塗りだけを考えていましたが、この際塗料の耐久性、耐候性等の暴露テストも兼ねてモルタル塗りに各社高耐候性塗料を素人の社員がカタログ仕様に見ながら塗ることになりました。仕事の間を見ての改装ですから秋までかかるか、いつ終わるかわかりません。

これからのシリーズにして載せていきたいと思います

塀の改装に伴う橿原市への届け出をして許可が必要です

ここは、今井町の橿原市伝統的建造物群保存地区となり、『現状変更行為事前協議書」提出して許可を受けなければなりません。

さらに、弊社は石油燃料を取り扱っていますので「危険物製造所等の軽微な変更等届」を消防署に届け出なければなりません

この地域は、一般地域と違って、なにかと面倒な手続きがあります

DSCN1435 

ブロック塀が黒くくすんで大変見苦しくなってきました

 DSCN1540

ブロックの表面をモルタル塗りを施工 手前の塀の裏が石油スタンドです

pagetop