スタッフのリフォーム日記

アドバイザー 藤村忠司の日記一覧

地元企業がんばれ!

2017年04月20日

みなさまこんにちは、フランの藤村です。

今回は、少し嬉しいできごとをご報告させていただきます。

 

先日、とあるお客様の耐震補強工事についての補助金を調べるため、

お客様のお宅が所在する役所の、担当窓口に相談へ行ってきました。

 

そちらの窓口では、過去にも耐震補強工事の補助金について相談に

のっていただき、実際の補助金の交付まで辿り着いたことがあります。

(補助金額50万円!)

 

また、担当の窓口の方も、耐震診断や耐震補強工事について見識が深く、

とても具体的にアドバイスして下さいます。

 

そのようなとても熱心なご担当者様ですが、今回は補助金の説明資料と合わせて、

(なんと!)ご担当課の名前が入っているお名刺まで頂戴いたしました!

 

私どもを通じてお客様にお渡し下さい、とのことでしたが、工事業者として

認めていただいている気がしまして、とても感慨深いものがあります!!

 

私どもフラン(創造工舎)は地域密着型の会社として、全国展開している大手の

ような派手さはないかも知れませんが、過去の一つひとつの工事の積み重ねで、

地域に大きく根を張ることはできるはずです。

 

毎日の仕事を大切にし、今後も地域で評価され、あてにされる存在でありたいと、

改めて感じた出来事でした!

 

CIMG3953

 

CIMG3954

 

年度が替わり、いよいよ補助金の時期です。

各市町村のホームページや広報に新しい情報が掲載されていきますので、

是非ともチェックいただき、有効活用していただけたらと思います。

 

写真は奈良県「わが家の耐震改修ガイドブック」を掲載しています。

わかりすく耐震改修工事の流れを説明していますので、是非参考に

して下さい!

(資料は奈良県のホームページからダウンロードできます。)

 

フラン 藤村 忠司

pagetop

気密測定を行いました

2017年03月20日

皆様こんにちは。フランの藤村です。

先日、「断熱改修」を含むリフォーム工事をさせていただいたお客様宅で、「気密測定」を行いました。

 

DSCF1850

 

床面積当たりの隙間量を測定するということで、今回の工事のテーマの一つであった「断熱改修」の成果を確認する場でもあります。

 

今回の工事では、お客様の「1階が寒い!」というご要望を受けて、高性能樹脂サッシの採用や、吹付け断熱による断熱性・気密性の確保など、快適な住環境の確保に向けて、あらたな取り組みを行っています。

 

CIMG1652

 

CIMG2267

 

「データロガー」と呼ばれる温度や湿度をある一定間隔で測定できる機器で、屋外との温度差も含め、それぞれの住空間での温度・湿度の測定も行っていますので、リフォームによってどのような「温熱環境」が実現したのか、総合的な結果がでるのが楽しみです!

 

国上げての健康・省エネへの取り組みが加速する中、私たちのリフォームがお客様や社会全体のお役に立てれば幸いですね。

フラン 藤村 忠司

pagetop

健康・省エネシンポジウム in いこま

2016年11月20日

みなさま、こんにちは。フランの藤村です。

 

 

本日(11/20)、「健康・省エネシンポジウム in いこま」が行われました。

 

IMG_0876

 

IMG_0874

 

スマートウェスネル住宅推進を目指す活動の一環として、

今回は行政(生駒市)を巻き込む形でのシンポジウム開催です。

 

出席者は生駒市長の小紫雅史氏やIBEC理事長の村上周三氏など、

各方面のトップの方ばかりで、政治的なこともお伺いできるなど、

とても興味深いものとなりました。

 

 

特に後半のパネルディスカッションが印象的で、健康・省エネの今後の活動を

めぐって、活発な意見交換が行われました。

 

IMG_0888

 

 

今回のシンポジウムを通しての気付きは、「何かを発信したいと思ったときは、

誰かがやってくれるのを待っていてはいけない」という自己反省です。

 

一連のスマートウェルネス住宅推進を目指した活動の中では、本当にお勧めできる

ことだと思いながら、なかなか思うように消費者の皆様にお伝えできませんでした。

 

事業の継続期間には限りがあります。

せっかくのこの機会を、消費者の皆様のお役にたてるよう、しっかりと情報発信して

行きたいとおもいます。

 

 

スマートウェルネス住宅等推進事業

「暖かい住まいが身体にもたらす影響について」

省エネ(断熱)改修+バリアフリー改修 工事補助 120万円

※改修前後に健康調査を行います。

 

ご興味のある方は、創造工舎フランまでお問い合わせ下さい。

 

 

フラン 藤村 忠司

pagetop

初心にかえって

2016年11月05日

みなさん、こんにちは。フランの藤村です。

 

私事ですが、今年の3月に体調を崩してしまい、久しぶりのブログとなります。

入院もしましたので、健康と周りの人々の大切さを痛感した出来事となりました。

 

おかげさまで、今では元気に外回りもでき、お世話になっている皆様のもとへも

お伺いできるようになりました。

 

先日は、もう何年もお会いしていなかった方とお話をさせていただくことができ、

また、その方も私のことをよく覚えていて下さいました。

お話の最中にも、体のことを心配していただいたりと、お気遣いしていただいている

様子がとても嬉しく、人間関係という仕事の原点に戻れた気がしました。

 

今回の病欠で、皆様にはご心配をおかけしただけでなく、暖かいお声までいただく

など、非常に勇気づけられる結果となりました。

現場に復帰した今、まずは私ができることで、皆様にご恩返しができたらいいなと

思っています。

仕事量は以前と同じようにとはいかないかもしれませんが、仕事の質はぐっと高め

て、皆様のお役にたてることに邁進してゆきます!!

 

 

CIMG2177

 

少しほっそりしたと言われますが、いかがでしょうか?

健康的なボディを目指して、自宅ライザップに励んでいます(笑)

 

 

フラン 藤村 忠司

pagetop

来年度はぜひ・・・

2016年02月21日

皆様こんにちは、フランの藤村です。

先日(2/14)、予定通りに「暮らしから始める 健康セミナー」が開催されました。

 

「関西学研都市協議会」として合計3回行われたこの冬の合同セミナーでしたが、個人的な感想としては「もっと知り合いの方をご案内したかった」ということに尽きます。

 

160125

詳しくはコチラをご覧下さい。

 

建築・医学の先生方のお話はわかりやすく、ときには面白く冗談なども交えながら解説して下さいますので、冊子などの情報よりもずっと心に響いてきます。

その中でも特に気に入っているのが、「安心のための健康」であることはもちろん、「楽しみのための健康」づくりをしましょうというメッセージです。

 

最近、担当させていただくお客様と「健康」をテーマとしたお話が増えてきたのですが、本当にたくさんの方が、ご自身そして家族の皆様の健康を案じておられるのがよく伝わってきます。

またそういった機会を通じて、「いかに充実した人生を過ごすか」が「健康」であることの大きな目的であることのように思えてきました。

 

私は医学の専門家ではないので、医療の面から専門的なアドバイスをさせていただくことはできませんが、楽しみながら一緒に健康づくりについて考えてゆくことは可能だと思っています。

そうしたことの一助になるのなら、これからもこうした健康セミナー等を積極的にご案内してゆきたいと思います。

 

 

今年度最後の「暮らしから始める 健康セミナー」は春一番が吹き荒れるなかでの開催となりました。

木枯らしが吹く頃には平成28年度の「健康調査」もスタートすると思われます。

それまでには次の健康セミナー等も開催されるでしょう。

次のシンポジウムやセミナーの機会にはぜひ皆様にご参加いただきたいと思います。

 

 

最後になりましたが、今年度(平成27年度)の活動にご賛同、ご協力下さいました皆様、まことにありがとうございました。

pagetop