スタッフのリフォーム日記

Y様邸基礎工事

2013年01月18日

工務室の山浦です。
昨年末から解体が始まりましたY様邸の工事の進行をお伝えします。
昔ながらの土葺き瓦のお家を、母屋部分は残して、残りを全て解体して6畳分増築をする工事です。6畳のところに浴室・洗面脱衣室・トイレを新設します。
外回りは、ガレージと農具を収納するスペースを取り、門扉・塀廻りの工事を含め、外構工事も大きな範囲となります。




屋根材を全て取り除いた後、機械を入れて建物解体が始まりました。解体を始めて、昨年中に母屋部分以外の解体が全て終了し、更地となりました。
今年に入り、いよいよ建物を建てるための基礎工事に入りました。基礎工事に入るまでに敷地内の地盤調査と外構周りの調査を行います。
地盤調査の結果、地盤が軟弱だということがわかり、地面から1m掘って地盤改良を行いました。
セメントと土を混ぜて、機械で地盤を固めていきます。
次に、捨てコンクリート作業です。
地面からの湿気が基礎の中に上がってこないように防湿シートを敷いて、コンクリートを流していきます。
本日はここまでの作業となりました。これから建物を建てて母屋とつなげるために、屋根のつなぎ目や母屋との取り合いなど色々クリアしていく問題があります。
設計の方で模型を作ってくれたり、設計・施工管理・検査・担当とみんなで協力して打合せを重ねています。
お客様に喜んでいただける工事のため、又現場がスムーズに進むために、しっかり現場を見守りたいと思います。

山浦 昇一

 

pagetop