スタッフのリフォーム日記

お客さまへ感謝の気持ちを忘れずに・・・

2016年12月03日

工務課の川島です。

工務課の主な仕事は、現場監督:現場の管理で、1日のほとんどを現場で過ごします。

川島さん写真

お客様 ⇔ 現場スタッフ ⇔ 設計・営業 ⇒ お客様

と、リフォームを円滑に進めることができるように取りまとめをし、また各段階の仕上がり具合もチェックします。

お客様宅に一番足を運ぶので、社内では、ある意味、誰よりもお客様に近い存在となります。

長い工事の時には、ご近所様とも顔見知りになり、いつしか私たちがそこにいるのが日常のようになって気さえします。

創造工舎では、会社全体でスタッフ一丸となって、いかにお客様に満足していただけるか、いかにお客様にとってよいリフォームになるかを考える取り組みをしています。

◆施工現場内の片付け・清掃を徹底し、気持ちのよい現場作りを心がけています。

◆お客さまに積極的にお声がけし、コミュニケーションを大切にしています。

◆橿原の本店、フラン真美ヶ丘周辺でも、積極的にお客様に挨拶をしております。

◆社内外のスタッフ同士のコミュニケーションも大切にしています。

妥協のない徹底した施工はあたりまえのこと、それに『心遣い』をプラスして、お客様に笑顔になっていただきたいです。

仕事だけでなく、笑顔も素敵な創造工舎でありたい、と願いっております。

くま工事お礼

ますます寒くなり現場環境は厳しくなりますが、お客さまの笑顔をいただくために、今日もがんばります!

pagetop