Franc設計室の日々

お食事会

2016年06月27日

 先日、フラン店の女子メンバーでフランス料理をいただきに行かせていただきました。

前菜は、マグロのサラダ

美味しいのはもちろん、野菜のカットがすごく綺麗で感動です。

DSCF2228

 

かぼちゃの冷製スープ

ほうれん草!?のペーストが、色鮮やかで、さらに味を深めてくれました。

DSCF2229

 

お魚料理が、フエフキ鯛のムニエル リゾット添え

(写真が無くてすみません)

お肉料理が、栗を食べて育ったという豚のソテー 焼き野菜添え

(写真が無くてすみません)

DSCF2234

 デザートが、フワフワのシフォンケーキとバニラビーンズたっぷりのバニラアイスに、卵の濃いカスタードプリン

他に、パンやコーヒーもいただきました。

 

美味しいお料理を前に、会話も弾んでとっても楽しかったです。

楽しんだ分、お仕事がんばらねばっ!!

pagetop

名栗の床

2016年06月22日

こんにちは、設計室の篠田です。
先日OB様から「この部屋はお客さんを通す部屋、傷んできたので、篠田さんがいいと思うものを提案してみて」と期待をこめたありがたいお話を頂きました。
古い大きな通り土間のある「店の間」の改修です。
今回はピカピカに新しく模様替えするのではなく、できる限り先人の知恵や技術を残し、なじみのいい床材でやり替えることにしました。
床は昔からの技法の名栗(ナグリ)を採用。
少し派手さを出したくて張りかたも一手間加え、通称「朝鮮張り」で丁寧に仕上げてもらいました。
30年後、誰かに私たちの仕事を「先人の知恵」といってもらえますように・・・。
SANY0064

SANY0063

                                                                   篠田 三起子

pagetop

プランターBOX作り

2016年06月21日

フランショールーム用にプランターBOXを作りました

底なしの箱で中にはプラスチックのプランターを並べています

IMG_2647

プラスチック鉢が見えないように

ココナッツマットでカバーしました

IMG_2619

 

一人で作るときには

こういうクランプが大活躍

次は何作ろうかな・・・・

pagetop

H様邸 和室改装工事

2016年06月20日

大きな差鴨居のある和室を、洋室(2′ndリビング)に改装する工事です。

解体工事が終わり、今は大工工事が進行しています。

既存の和風の外観を保つため、窓は木製建具から断熱サッシに取替えるのですが、

窓上の欄間や丸太は既存のままとなります。

壁は真壁(柱が室内から見える壁)から大壁(柱が壁内に隠れる壁)となります。

既存のままの部分、新たに造っていく部分との取り合い(納まり)をどうしていくか

大工さん、現場管理の川島と協議するために、現場に行ってきました。

 

CIMG2546<解体後>

DSCF0843<サッシ設置後>

 

施主様へのご提案の際には、図面やパースを用いてご提案するのですが、

これから現場が進むにつれて部屋の全体像が具現化していくのがとても楽しみです。

 

三ツ谷

pagetop
BLOG TOP