Franc設計室の日々

ウィルトンカーペット工場見学へ

2018年06月01日

こんにちは。

設計室 神野です。

憧れのウィルトンカーペットの工場見学へ行って来ました*^-^*

 

69E7E664-853E-4FB3-B3F4-6DA1A48C4E58

圧巻の糸たちはただ並んでいるのではありません。

この先は機械へと続いています。

FB294EE5-AD00-4E62-A235-03B890867828

06913BE1-08B7-4B98-BA7A-D3BFB2A0C97D

3255DF34-EB50-4418-97E5-DD0A4660D13A

*

【ウィルトンカーペットとは】

パイル糸を機械で織り合わせてつくるもの。

基礎になる下糸に、パイル糸を絡みあわせて、織り込んで作っていきます。

パイル糸を密度細かく1本1本がっちりと織り込んでいるため弾力性に富み、 優れた耐久性のカーペットをつくり出します。

また、表面がきれいに仕上がり、しわと形くずれが起こらず施工性にも優れています。 

 

*

カーペットは保温性・遮音性があり、足ざわりも気持ちよくて・・・

だけど、汚してしまったら?夏は暑そう!など、ついマイナス面を想像して躊躇してしまいますが、

実はカーペットは、ホコリを舞い上げないのでハウスダスト等のアレルギー症状を起こしにくく、

ウールの特性上、水をはじくので、うっかりこぼしてしまっても、すぐにふき取れば、問題ありません。

そして、夏は涼しいのです。

 

*

今回、実際施工された素敵な住宅も拝見させていただきました。

お家全体、このウィルトンカーペットが敷き詰められていました。

もちろん階段もです。

 

IMG_3218

 

とても気持ちよく暮らしてらっしゃるとの事。

元気なお子様が3人もいらっしゃると伺い、この綺麗さに驚きました。

今後の提案も変わってきますね。

まずは寝室からでもいかがでしょうか*^-^*

pagetop

ショールーム見学会

2016年11月18日

こんにちは。設計室の三ツ谷です。

先日、高級家具ブランドのアルフレックさんの
ショールームの見学会に参加しました。

ブランドヒストリーやソファの構造のお話のあと、
アルフレックスの代表的なソファ「A SOFA」をはじめ、
ショールームの商品紹介や座り心地の体感をさせていただけました。

161118_2

161118_1

羽毛やウレタンの比率・構造によって座り心地が違うので
説明を聞きながら比べることができ、とても勉強になりました。
どのソファも本当に座ると気持ちよくて、家にあったら癒されるだろうなぁ
と思いました。

また、普段リフォームの完成イメージパースを作成しているのですが、
小物や色の組合せなど、ショールームのディスプレイも参考になりました。

高級な商品にはしっかりとした品質の裏付けがあります。
私たちがご提供するリフォームも、いわば大きな金額の商品でもあるので
工事内容をしっかりご説明することでご納得いただけるのかな、と
通じるものがあると思いました。

pagetop

リビング&デザイン 2016

2016年10月16日

年に1度開催される国際見本市「LIVING&DESIGN」2016」に行ってきました。

01

内装材、家具、設備機器など、住まいに関する様々なメーカーが集まるので、

情報収集もでき、新たな発見があります。

りんごやオリーブといった果実をつける広葉樹の化粧合板です。

0203

実物を目にすることがなかったので、写真でメモメモ。

古い模様ガラスを使用したオブジェがかわいらしかったです。

04

 

会場で写真を撮り忘れたのですが、すごいなぁと思った水栓金具。

アメリカ製で、蛇口などどこを触っても水の出る・止めるを操作できます。

IMG_1446

 

LIVING&DESIGNの会場を後にし、大阪市内の本町へ。

御堂筋を中心とした大阪市内にあるインテリアや住設、建材などの

ショップ・ショールームなどを会場に開催されるデザインイベント

「まちデコール」へ、まち歩きをしてきました。

「布×壁×床・心地いい関係展」

壁紙やカーテン、床材などを使った空間演出がされており、勉強になりました。

07

08

 

日比谷花壇さんのUTSUBO CHOCOLATE。

普段は商談&イベントスペースですが、2日間だけ一般公開されていました。

0506IMG_1415

ドライフラワーのアレンジや100種類のバラなどが飾られており、

日常の中にお花があると気持ちが明るくなるなと再認識しました。

 

設計室 三ツ谷

pagetop

ミラノ国際家具見本市へ視察へ

2016年04月11日

こんにちは、設計室の篠田です

verticale_neg

永年の念願かない、明日より1週間世界最大のミラノ国際家具見本市へ出発します。

今年は家具、インテリア小物、xLUX、キッチン、バスルームと世界中から集まります。総出展社数は2310社、出展スペースは20万7000㎡と気が遠くなる大きさです。そしてその1週間は展示会の外もデザインウィークでミラノ市内のハイブランドショップや大学、修道院などもインスタレーションや超豪華なディスプレイに生まれ変わります。各地のイベントだけでも400以上開催されるそうです。とても1週間で回れる数ではないので、見たいブランドのリサーチが必要です。

イタリア語×、英語も×でおまけに相当歩くことになるので、身体も言葉も若干不安もありますが、皆さんにご報告できるようたくさん勉強してまいります。

行ってまいりまーす。 篠田三起子

pagetop

hu+g(ハグ) ミュージアム

2015年07月31日

設計室のメンバーで今年オープンした大阪ガスの体験型ショールーム「hu+g MUSEUM」(ハグミュージアム)に見学に行ってまいりました。

館内は1階「エネルギー+(プラス)」ガスについての展示スペース。
2階「ゲート+」次世代の家スマートハウスやダブル発電装置の展示と簡単なお菓子を作ってコンロ体験。
FullSizeRender (3)

3階「リビング+」さまざまなリビング空間展示、ミストサウナや床暖房などの体感、断熱などリフォームした空間のビフォーアフター体感、3Dシアター。
FullSizeRender_3

4階「キッチン+」トクラス・タカラスタンダード・クリナップ・TOTO・パナソニック・LIXILのキッチン展示、各種コンロや調理機器の展示、100名一度に調理で きるキッチンスタジオ。
FullSizeRender_2

5階「キッチンプロ+」業務用調理機器の体感展示など。
フロアごとに展示や体感体験ができます。

今回は館内ぐるっとガイドいただいて見学させていただきました。
最新のガス機器も業務用のようなハイカロリーのコンロから、スイッチがマグネットの最新コンロ、グリルがオーブンのように進化したコンロなども・・。
一度にいろんなメーカーのキッチンを比較できるのもここだけとのこと。
壮観です。

床暖房も無垢フロアから畳、コルク、タイル・・と仕上げによる違いを実際に歩いて確かめ、足ざわりの違いを体感しました。

私が気に入ったのはこちら。
FullSizeRender

「ヌックシルエ」というガス温水ラジエーター
ふく射暖房で自然なやさしいあたたかさ。
気持ちよかったです。

料理講習にも参加してきました。
FullSizeRender (2)
FullSizeRender_1 
パエリアとサラダをつくりました。
簡単でおいしかったです。

記念撮影もパチリ!
ha g_サーフ1補正

設計部一同、これからもがんばってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

設計部 南 千佳子

pagetop