Franc設計室の日々

柿渋塗装

2018年02月05日

こんにちは。設計室の三ツ谷です。

古民家改修工事の広陵町Y様邸。
木製建具の玄関引戸でしたが、隙間風の寒さ、防犯性を考慮して
断熱玄関引戸に入替えました。

新たな建具を取り付けるためには方立て(木材)が必要になるのですが
新旧の木の色味が異なるので、新しい木が目立ってしまいます。

方立てにはヒノキ材を使用しているので、
木目を残すためのオイル塗装だとあまり塗料が浸透しません。

そこで今回は、柿渋塗装に挑戦してみました。
柿渋そのままだと色が薄いので、ベンガラとススの色粉で調色。

DSCF3618

【Before】
DSCF3612

【After】
DSCF3652

悪目立ちせずに周辺と調和させました。
※白い線は養生のためのマスキングテープです。

 

劣化で退色していた、気になる足元の部分も柿渋塗装を施しました。

【Before】
DSCF3641

【After】
DSCF3650_2

家の顔である玄関。
古民家の趣を損なわずに性能アップしていきたいです。

pagetop

ニッチ、おすすめです

2018年01月29日

こんにちは。設計室 三ツ谷です。

完成間近の現場へ見学に行きました。

明るくやさしい空間に仕上がっていて、
ご家族がにぎやかに過ごされる姿がイメージされました。
全体のご紹介はまた後日に。。。

いいな、と思ったポイントのご紹介です。
こちらの現場では、廊下やトイレにニッチが設けられています。
ニッチとは、壁厚を利用してへこませた飾り棚です。
廊下などの狭い場所でも邪魔にならず、空間がすっきり見えます。

20180129_1

20180129_2

小物やグリーン、写真などちょっと飾るだけでも
インテリアの演出に役立ってくれます。

pagetop

N邸改装工事 内部完成

2017年12月07日

N様邸の室内の工事が終わりました。
根上邸_2017_12_05_3828

今回内部は浴室・洗面所・トイレに台所と二間続きの和室の改装をご依頼いただきました。
あちこち段差も多かったので、全体的にバリアフリーにもいたしました。

北側の台所は窓が小さく、掃き出し窓の前には隣家があり、閉塞感がありました。
二間つづきの和室は普段はほとんどつかわれておらず、台所と南側の和室に挟まれた中央の和室は、襖にしきられ押入にはさまれていて光が届きにくく、納戸のようになっておられました。
南側の和室も家族がたくさん集まった時以外はあまり使われていなかった様です。
また、カビが発生していた後なども見受けられました。
根上邸_2017_12_05_3840 根上邸_2017_12_05_3838
根上邸_2017_12_05_3846
和室二間を台所とつなげたLDKにして光や風が通る空間になりました。
これから北側にウッドデッキやテラスを設置して、さらに広がる空間になる予定です。

床・壁がタイルで冷たく、内開きのドアで狭かったトイレはゆったり広げました。
根上邸_2017_12_05_3866 根上邸_2017_12_05_3869
内装はご長男様のセレクトでモダンに。

同じく床・壁がタイルだった浴室はユニットバスに。
根上邸_2017_12_05_3858

狭くて収納がなかった洗面所は広げて収納棚やハンガ ーバーも設置しました。
根上邸_2017_12_05_3862 根上邸_2017_12_05_3859
こちらの内装はお母様のセレクトでやさしい雰囲気に。

リフォーム前とずいぶん変わって明るいイメージになりました。
これからカーテンをいれるとまた雰囲気がかわっていくのが楽しみです。
外部も塗装やウッドデッキなどの工事がありますので、全体の完成まではもうしばらくかかりそうです。

設計室 南

pagetop

K様邸 軸組み模型

2017年10月06日

こんにちは。設計室 三ツ谷です。

橿原市今井町のK様邸は、町屋形式の古い建物です。
「重要伝統的建造物群保存地区」にあるため、
改修する際には既存の柱・梁の構造体は、残しておかないといけません。

二階に小上がりスペースがあったり、通り土間は大きな吹抜空間になっていたり。
既存の柱は残しつつ、壁や新たな間仕切壁を作る計画など、
建物の軸組み構造を把握して打合せを進めていくことになります。

施主様に説明するにも立体で見ていただけた方が伝わりやすいかということで
今回は軸組み模型を作ることになりました。

インターンシップ生に作り始めてもらい、やっと完成しました。
難しかったです^^;

 

【通りに面した表側】

P1150658

IMG_2177 

道から玄関を見ると・・・

IMG_2179

 

【裏側】

CIMG4024

IMG_2178

 

 

柱・梁をボンドでくっつけていく方法で製作しました。
途中、全体的にぐらついていたものの、
丸で囲っている部分に「貫(ぬき)」という部材を入れると
かっちりと固まりました。

IMG_2180_2

製作しながら構造も理解でき、大変でしたがとても勉強になりました。

 

pagetop

エクステリア完成物件

2017年09月05日

お庭のリフォームの完成物件です

IMG_2520

 

和モダンのおうちの中庭

塀は樹脂製の竹垣

既存のカクレミノを残したまま

瓦で流線を表現しています

 

 

 

 

170307_大平邸_2017_03_07_2340

 

洋風のおうちの裏庭

ガーデンルーム・デッキ・テラス・塀 を設置

照明で大人ガーデンを演出しました。

pagetop