Franc設計室の日々

Franc設計部 篠田三起子の日記一覧

冷蔵庫を購入の巻!2階キッチンに気をつけて!

2017年05月06日

こんにちは、設計室の篠田です。
休み前にわが家の冷蔵庫がとうとう常温冷蔵庫になってしまい、
急遽、省エネタイプに買い替えを決断しました。
わが家は2階がLDKなので、大きな冷蔵庫は気軽に入替えができない
と薄々気づいていて、おっくうで先延ばしで使用していたところ
突然にこわれてしまい、くるべきときがやってきたという感じです。
まず、新しい冷蔵庫を決めたところまでは順調、下見していただいたら
階段からは出ません、クレーンはつかえません、窓からは危険で無理。
と、じゃあ元々どうやって中へ入れたのでしょう??と・・・。
一旦キャンセルして、心落ちつかせ、引越し業者さんをあたりました。
5件ことわられ、1件は冷蔵庫替えるほどの見積もりが出て、へこんでいる
ところ、救世主はアリさんでした。次の日に手配してくれました。

IMG_7839

なかなかの大きさです

IMG_7841

何とか2階の階段通過

IMG_7842

あらら、1階が回りきれません
ガンバレ、アリさん

 

IMG_7844

何とか、扉をはずし搬出は無事修了。心意気に感謝!!

これからは、のちのちのメンテナンスや省エネ、処分も考慮し今より小さな冷蔵庫を購入し、ミニマムな生活を試みようと思います。リフォーム提案の時も家電の考慮が必要だなあ—と身をもって感じた1日でした。今日から新しい冷蔵庫がくるまで不便が始まります。リフォーム中のお客様の苦労も味わってみようと思います。

冷たいビール飲みたあい!!! 篠田 三起子

pagetop

奈良の木の家コンテスト 1次審査通過しました。

2017年02月02日

こんにちは。寒いですね—首・肩こりでがちがちの篠田です。

取り急ぎの報告です。「奈良の木の家コンテスト」リフォーム部門で1次審査通過のお知らせが届きました!!吉野の杉をふんだんに使わせていただいたシアタールームです。ホームシアターでくつろいでいただくためには杉を多く使って静電気も発生もおさえて癒され環境を計画したお宅です。芋生邸_2015_09_01_0787

芋生邸_2015_09_01_0797

階段やご趣味のギャラリーも杉を使用しスタイルを統一させていただいています。

 

芋生邸_2015_09_01_0770

芋生邸_2015_09_01_0771

いかがでしょう、決勝は2月5日「なら100年会館」で公開審査があります。

他の奈良の木を使った施工例もたくさん並びますので私も楽しみに勉強させていただいてきます。

良い結果発表ができるように2分間のプレゼンを与えられていますので精一杯アピールしてきます。

篠田

pagetop

カホンプロジェクト

2016年11月12日

こんにちは。設計室の篠田です

昨日、今日とフラン設計女子主催のDIY教室を開催しています

  IMG_6685

元気なお客様の作品で最後は合奏です。

pagetop

名栗の床

2016年06月22日

こんにちは、設計室の篠田です。
先日OB様から「この部屋はお客さんを通す部屋、傷んできたので、篠田さんがいいと思うものを提案してみて」と期待をこめたありがたいお話を頂きました。
古い大きな通り土間のある「店の間」の改修です。
今回はピカピカに新しく模様替えするのではなく、できる限り先人の知恵や技術を残し、なじみのいい床材でやり替えることにしました。
床は昔からの技法の名栗(ナグリ)を採用。
少し派手さを出したくて張りかたも一手間加え、通称「朝鮮張り」で丁寧に仕上げてもらいました。
30年後、誰かに私たちの仕事を「先人の知恵」といってもらえますように・・・。
SANY0064

SANY0063

                                                                   篠田 三起子

pagetop

ミラノ国際家具見本市へ視察へ

2016年04月11日

こんにちは、設計室の篠田です

verticale_neg

永年の念願かない、明日より1週間世界最大のミラノ国際家具見本市へ出発します。

今年は家具、インテリア小物、xLUX、キッチン、バスルームと世界中から集まります。総出展社数は2310社、出展スペースは20万7000㎡と気が遠くなる大きさです。そしてその1週間は展示会の外もデザインウィークでミラノ市内のハイブランドショップや大学、修道院などもインスタレーションや超豪華なディスプレイに生まれ変わります。各地のイベントだけでも400以上開催されるそうです。とても1週間で回れる数ではないので、見たいブランドのリサーチが必要です。

イタリア語×、英語も×でおまけに相当歩くことになるので、身体も言葉も若干不安もありますが、皆さんにご報告できるようたくさん勉強してまいります。

行ってまいりまーす。 篠田三起子

pagetop